本ホームページはJavaScriptを使用しております。画面の表示等に問題が発生する場合は、JavaScriptをONにしてご利用ください。

キングダム 合従軍 その後

・「史記」の中に列伝として残されているほど、4人ともこの時代で活躍した, 彼も多数の食客を受け入れていたこと、幼き秦王に代わり政治を担い、勢力拡大をし続けてきたこと、「呂氏春秋」という偉大な書物を編纂したことなど、実績は「戦国四君」を上回るものがあります。, しかし彼が「戦国四君」に含まれていないのは、「戦国四君」自体が一強だった秦国に立ち向かい活躍した、英雄の総称だったからと思われます。, 趙国を滅亡の危機にまで追い込んだ「長平の戦い」後も、秦軍は攻撃の手を緩めず首都・邯鄲を包囲していました。, この時、信陵君の姉が趙・平原君に嫁いでいたことから、信陵君の元に救援の要請が入ります。, 兄である魏王・安釐王は秦国からの脅迫に援軍を渋るのですが、信陵君は王の命に背いてまで趙・楚、そして自ら率いる魏軍で合従軍を興します。, この時、魏・信陵君、楚・春申君、趙・平原君が関したとされる合従軍は、秦将・王陵や将軍・王齕が率いた秦軍を撃破し、邯鄲の解放を成し遂げ趙国を救います。, また紀元前247年、三川郡・上党郡・太原郡を設置し、さらに魏国へ侵攻しようとする秦軍に対して、魏軍の上将軍に就任していた信陵君は諸国へ援軍を要請します。, この時各国は速やかに援軍を送ると、指揮権も信陵君に委ねていることから彼の名声や手腕・実績により、他国からも絶大な信頼があったと思われます。, ただし、「キングダム」の合従軍でもそうでしたが、この時の合従軍にも斉国は出兵していません。(もちろん斉王は王建です。), 白起将軍亡き後、大いに活躍していた切り札・蒙驁将軍を破られた秦国は、信陵君が生きている間は、魏国に攻め入れないと考え、新たな策を仕掛けます。, 先の邯鄲の包囲を解いた合従軍において、信陵君は魏王に逆らいますが、その際魏の将軍・晋鄙(しんひ)を涙ながらに殺めなければならないことがありました。, このことを利用し、かつて晋鄙将軍の下にいた食客たちを集め、「信陵君が王位を狙っている」との流言を広めました。, この作戦が成功し、信陵君は兄である安釐王から遠ざけられるようになり、酒びたりの末に紀元前244年、死んでしまいます。, 信陵君という人物は史実上にドラマティックなエピソードも多く、彼が主人公のマンガもできそうなぐらい、主役キャラです。, 史実がめちゃくちゃ面白く信陵君のファンになっていた僕は、とにかく「信陵君」という単語を作中に出したくて、その食客頭という設定で創作したのが魏軍総大将の呉慶でした。(ヤングジャンプ25号 「戦国七雄の作り方」より), 「キングダム」では、ちょうど信と政が出会うぐらいに、史実の信陵君が亡くなっていますので、登場させようがなかったのですね・・・残念!, また前漢の祖・劉邦は魏都・大梁を通るたび、信陵君の祭祀を行ったほど尊敬していたそうで後世に大きな影響を与えた人物でした。, 中華統一へ向け、唯一といっていい大きな障害を取り除いた秦国は、一気に東方進出を加速します。, 紀元前245~242年にかけての頃、秦王・嬴政は15歳前後で実権は呂不韋が握っていました。, ①紀元前245年、麃公が韓国を攻め、3万の首級を挙げる。 キングダムの中でも特に人気の高い「合従軍襲来編」について、登場キャラクターや函谷関の戦いを合従軍発足からその終結まで、順を追ってまとめていきます。史実には残っていない、キングダムのオリジナルで面白いストーリーを振り返ってみましょう。, 合従軍とは、強国の勢いを落とすため、他の国々が協力し集まった軍です。キングダムでは、秦の前にも斉に対して発足されたことが触れられています。史実では、キングダム作中同様、五国が秦を倒すべく協力して軍を立ち上げたとされています。, 合従軍は秦が山陽を攻略したことに端を発します。キングダム作中では趙の元三大天・廉頗(れんぱ)を破り、山陽を攻略します。この時、飛信隊は千人隊へと昇格します。しかし、この頃、趙の李牧は秦の山陽攻略で生じた天下統一の兆しにいち早く気付き、合従軍発足へと動き出します。, キングダム作中では、楚が秦に侵攻を始め、それに連携して魏が侵攻した楚軍に向けて軍を発します。その後、燕、韓、趙も秦に向けて軍を発し、それを知った秦はこれが合従軍によるものだと気付きます。秦の宮中では唯一、軍を発して無い斉に同盟を持ちかけ、秦に侵攻しないことを約束させます。また、軍部では函谷関で戦った時だけ、秦は合従軍に勝つ確率が辛うじてあると導き出します。, 函谷関の右翼には、王騎将軍なき後の軍を継いだ騰将軍、秦国一の攻め手とされる蒙武将軍が布陣します。騰軍には信と同じく千人隊となった楽華隊と王賁隊が配置されています。また、そのさらに右側、函谷関から一番遠い右翼の端には、本能型の名将・麃公将軍とキングダム主人公の信率いる飛信隊が布陣しています。, 主戦場とされる函谷関には左翼に総大将の蒙驁将軍、中央に秦の抱える大将軍の一人・張唐将軍、そして右翼に野盗から将軍になった桓騎将軍が布陣しました。ちなみに、函谷関の城壁の高さは史実では66メートルとされています。これは現代の高層ビルと大差ありません。いかに敵軍が攻めずらい場所かわかります。, 函谷関の右翼には、蒙驁将軍のもう一人片腕・王翦将軍が布陣していました。全体の布陣をみると、函谷関で総大将の蒙驁将軍が左翼よりにいるのは王翦将軍と連絡を取るためだと伺えます。また、函谷関の左翼は山間の侵攻し辛い場所であったため、三人の武将が守りを固めていた右翼と違い、左翼を守るのは王翦将軍のみです。, 秦の右翼、騰軍、蒙武軍に対するように合従軍側では楚軍の汗明、臨武君、禍燐が布陣します。さらに右翼の麃公軍に対するのは趙軍の慶舎、公孫龍、万極、李白が布陣します。趙軍は12万、麃公軍は4万と圧倒的に麃公軍、不利な状況でした。敵方にキングダム主人公が所属しているので、面白い展開にするためか、描かれるキャラクターも他の部分より多くなっています。, 函谷関正面には、様々な発明品を武器に戦いをする魏軍の呉鳳明、毒を主体として戦う韓軍の成恢が布陣します。また、その後ろにはキングダムではお馴染みのキャラクターとなった最大の敵・李牧、そして、合従軍盟主を務める楚軍の春申君が合従軍本陣を構えています。, 函谷関の左翼には、秦軍が王翦将軍一人に守らせているように、合従軍側も燕国のオルド将軍のみが布陣します。しかし、このオルド将軍の軍は、山間部攻略を得意とする部隊があり、函谷関左翼の攻略には打ってつけの配備となっています。, キングダムでは合従軍盟主・春申君の指揮により楚軍の臨武君の号令と共に開戦となるはずでしたが、そこに秦の麃公が割り込み趙軍に突撃を開始します。ここに史実にも残る大戦が始まります。史実では紀元前241年のことでした。キングダムで最初に描かれたのは、麃公将軍と趙軍・慶舎の戦いです。, 麃公は皆さんもご存知のとおり、本能型とされています。そして、実は趙の慶舎も本能型。この戦いはキングダムで初めて本能型同士がぶつかり合う面白い展開となります。趙の慶舎は麃公が本能型なことを逆手にとり、火の起こし場所がないよう立ち回った上、わざと兵を無駄に動かし、罠を仕掛けます。まんまと罠にかかる麃公は趙の万極に背後を襲われ、大損害を受けますが、信の機転により乱戦へと持ち込みます。, 麃公軍の殿で反転、万極とぶつかり合った信は、麃公軍の兵も巻き込み戦いを始めます。万極軍の強烈な怨念に押される飛信隊でしたが、信が政が目指す中華統一で怨嗟を断ち切れると説き、ついには万極を打ち破ります。, 函谷関右翼もう一つの戦いは騰軍と臨武君軍の激しいぶつかり合いになりました。騰は臨武君によって軍団長二名を失い、臨武君との一騎打ちに燃えますが、楚軍の若手の武将・項翼と白麗によって妨害を受けます。そこに秦国、若手武将の蒙恬、王賁が項翼たちを相手取り、騰を臨武君との一騎打ちに集中させます。臨武君は騰の圧倒的な剣技の前に敗れてしまいます。, 函谷関正面では魏の呉鳳明、韓の成恢による攻撃が始まっていました。呉鳳明は難攻不落の高き城壁を持つ函谷関に対して、新型の共闌車をもって攻め込みます。秦軍には動揺が広がり一時は攻め込めれましたが、桓騎が機転を利かせ共闌車に油を浴びせかけ、火矢を放ち燃やしてしまいます。, 緒戦で2将を失った合従軍は、二日目以降、楚軍・禍燐の策で凡戦を重ね秦国の弱体化を待ち、15日後を決戦の日とします。韓の成恢は7日目に函谷関に対して毒による攻撃を行い、来る15日に向けて秦国の戦力を削りました。その他、4国は15日目まで凡戦を重ねます。運命の15日目、函谷関のそれぞれの戦場で面白い展開が繰り広げられます。, 運命の15日目、まず動いたのは蒙武軍でした。蒙武は普段の猪突猛進な戦い方から一転。楚軍に対して斜陣がけという高度な戦術勝負を仕掛けます。これに対し楚軍6万、秦軍2万と数で勝る楚軍は焦らず乱戦に持ち込みます。しかし、蒙武の本命は斜陣がけによって広がった楚軍陣形の一点を貫いた先の汗明との一騎打ちでした。, 汗明との一騎打ちの最中、蒙武を狙う刺客から父を守ろうとした蒙恬は誤って、二人の一騎打ちに割って入ってしまい、汗明によって一刀を浴びます。それに怒った蒙武は汗明を討ち果たします。その後も蒙武は楚軍を徹底的に攻撃し、見事勝利を収めます。一見、情の薄いように見える蒙武の親としての親愛が描かれる面白い展開となっています。, 時を同じくして騰と禍燐の戦いが始まります。禍燐は戦象を持ち出し派手に戦闘を始めると、その影で軍を動かし、騰軍を包囲することに成功します。騰軍は防衛戦を迫られ、楽華隊、玉鳳隊を5千人隊に命じると、侵攻してくる部隊の背後を撃たせ、防衛を何とか成り立たせます。禍燐は時間を掛け騰軍を弱体化させていましたが、隣の汗明が負けたことで、軍を一時引きます。騰軍の戦いは粘りによる辛勝と言ったところでしょうか。, 魏の呉鳳明は新たに巨大床弩、共闌車を持ち出し、函谷関を果敢に攻め立て始めます。桓騎は共闌車内部に煙を撒き、敵兵を追い払うと、その中を韓の毒に犯されている張唐とともに降りて行きます。函谷関下の敵兵に潜り込んだ両将は比較的近くに陣取っている成恢に向けて侵攻を始めます。成恢は毒に冒される張唐の決死の一撃により討たれてしまいます。, これまで凡戦を続けていた函谷関左翼でしたが、オルドの部隊が絶壁を登り奇襲をかけたことで、王翦は要所を失い撤退を始めます。オルドは撤退した王翦を見失いはするものの函谷関裏に位置する断崖を見つけ、函谷関裏からの襲撃を画策します。ところが、王翦はその場に開戦当初から伏兵を仕掛けており、オルドは背後を取られ、撤退を決めます。燕は撤退後、動くことはなく、函谷関左翼は王翦の知略の勝利となります。, 各将の敗北により、頓挫したように思えた15日作戦でしたが、禍燐はひそかに函谷関裏に兵を回し、函谷関を攻めることに成功します。しかし、そこにオルドが撤退したことで手の空いていた王翦に策を読まれ、逆に攻撃を受けてしまいます。最後は王翦の手腕によって助けられ、秦国は無事函谷関を守りきることに成功します。, キングダムの時代、春秋戦国時代について残っている史実はあまり多くありません。合従軍襲来編については五国が集まり、秦を攻めたが咸陽近くまでは侵攻できたものの、秦の軍事力はすさまじく失敗に終わったことのみ記録に残っています。この史実の少なさから、合従軍襲来編がキングダム作者の原先生によって、いかに面白い戦いになる様、描かれているのかが分かります。, 15日作戦に失敗した合従軍の裏で、キングダムでも信の最大の敵とされている李牧が動き始めます。秦には北の街道を守る函谷関ともう一つ、南の街道を守る武関があります。李牧は函谷関攻撃の最中、一番南に配属されている趙軍から数千人単位で、兵を南の街道へと送り込み、集まった四万の兵士に進軍を命じました。この別働隊の中にはキングダムの中でも圧倒的力を誇る龐煖(ほうけん)も含まれていました。, そんな別働隊の足を止めたのが、同じく函谷関右翼にいるはずの麃公将軍と飛信隊でした。麃公将軍は趙が部隊を動かしていることに気付くと即座に行動し、何とか別働隊の背後を突くことに成功します。ところが、李牧の戦術によって麃公は龐煖との一騎打ちに持ち込まれ、龐煖の腕を折ることに成功するも敗れてしまいます。飛信隊は麃公の遺志受け継ぎ退却、最終決戦の場所・蕞(さい)へと向かいます。, 麃公将軍を失い咸陽へと足を進めていた飛信隊でしたが、蕞がまだ戦火に飲まれていないのを見つけ、蕞で補給することに決めます。しかし、城門を開いた先で待っていたのは、秦王・政でした。宮中では、李牧の別働隊を止める軍がなく、絶望していましたが、秦王の政は自らが出陣することで、士気を高め蕞の住民を兵士にすることを決めます。これが蕞での七日間の戦いの始まりでした。, 李牧ははじめ投降を呼びかけますが、蕞の異様な指揮の高さに驚くことになります。李牧は蕞を囲み四方から蕞を攻め立てますが、士気の高い民兵、飛信隊、そして生き残った麃公兵によって、その侵攻を妨げられます。李牧は異様な士気を持つ民兵に対して、新たな策を打ちます。李牧は軍を二分すると片方を休息、片方を夜襲組みとし、夜通し見せ掛けの攻撃を仕掛けたのです。, 戦いに慣れていない民兵達は夜襲による緊張のため、ほとんど眠ることが出来ませんでした。そんな中、二日目の戦いでも蕞の民兵達は士気を落とさず戦いました。飛信隊の活躍もあり、李牧の抱える精鋭、傅抵、カイネを退けることにも成功します。, その後も士気の高さで三日目、四日目と持ちこたえる蕞の住民達でしたが、五日目ついに何もしなくても疲労により死人が出るようになります。そんな中、政が打った最後の一手は、自ら戦場で戦うことでした。政が戦う姿をみた民兵は再び息を吹き返し、趙軍への抵抗を始めます。しかし、その光景が趙兵に見つかり、政は趙兵から集中して攻撃を受け、一撃を受けてしまいます。, なんとか一命を取り留めた政は、その後も士気を高めるため、化粧をしてまで顔色を隠し、民兵の士気を高めて回ります。一方、李牧は政が蕞にいることを知り、兵力の温存をやめ、全力で蕞の攻略に乗り出します。なんとか六日目まで乗り切った秦軍はついに最終決戦日となる七日目を迎えます。, 八日目ついに趙軍の攻撃に耐え切れなくなった西側の門が突破されてしまいます。城壁を突破され、あっという間に趙兵に占領される蕞の内部でしたが、その時、山の王・陽端和が援軍に駆けつけます。援軍の力はすさまじく一息に状況を逆転させる事となりました。しかし、そこで趙の三大天のひとり龐煖が再び現れます。, 圧倒的武力を誇る龐煖に対して、キングダム主人公の信が一騎打ちに挑みます。キングダムの中でも最強と名高い龐煖ですが、信の成長もまた凄まじく龐煖と打ち合い、致命傷を負わすことに成功します。それを見た李牧は、ついに撤退を決め、函谷関、蕞どちらの戦いも失敗に終わりました。これで合従軍襲来編はお終いとなりますが、函谷関、蕞どちらの展開も魅力的で面白い構成になっています。, キングダム作中でも描かれていたとおり、史実上では蕞の戦いは、落とすことが出来なかったという記述のみ、残っています。つまり、蕞での戦いはその話全体がフィクションです。函谷関の戦いからも分かりますが、どれだけキングダム作者の原先生が面白いストーリーを作りこんでいるか伺えます。, キングダムでは函谷関で敗北した合従軍は、盟主・春申君の決定により、合従軍を裏切った、斉に向かって反転、侵攻します。その時、蒙武が合従軍の背を打ったとも描かれています。史実上では斉が実際に合従軍に攻め込まれたことが、記録に残っています。また、函谷関から打って出た軍があることも史実に記録されています。, キングダム作中では合従軍を見事、破って見せた秦では論功行賞が行われます。特に功の厚い蒙武が第一功、その他、六将が特別大功となります。そして、特別準功として、蕞の住民、山の民、飛信隊・信、に対して与えられることになりました。そして、キングダム主人公信はこの功を持って、三千人将へと昇格をはたすことになります。, 合従軍襲来編はキングダムのストーリーの中でも、特に人気のあるお話です。改めて、ストーリーを追ってみてどうだったでしょうか?キングダムでは春秋戦国時代の資料が少ないため、史実で忠実でありながらも自由で面白いストーリーが楽しめます。今一度、史実には残っていない面白いストーリーを読み直してみてはいかがでしょうか?, キングダムの合従軍襲来編が面白い!登場キャラクターや函谷関の戦いまとめのページです。BiBi[ビビ]は映画・ドラマ・アニメなどのエンタメニュースを幅広くお届けするメディアです。今の暮らしを楽しくするトレンド情報を発信します。, キングダムは2006年に連載開始以来いまや日本を代表する大人気漫画です。キングダムを生み出した作者原泰久さんはどんな方なのか?キングダムの作者が井上雄彦さんの元でアシスタントをしている時に学んだこと、キングダムの作者の自宅や年収について徹底解説していきます!, キングダムの秦の将軍・桓騎(かんき)。キングダムの桓騎(かんき)は弱点が無いようですが、実は彼にも弱点があるのです。彼の弱点を見抜いたのは趙の李牧。李牧の言う桓騎の弱点とは。また彼の最後は一体どうなるのか。ここでは桓騎の弱点と最後をご紹介していきましょう。, キングダムには禍燐(かりん)という男勝りで、身長の高い女将軍がいます。天才的戦略家の禍燐の性格や特徴は?合従軍での戦いで見せた禍燐の強さとは?禍燐の弟はまさかの昌平君だった?キングダム随一の強面女性キャラクター禍燐について深く考察していきます!, キングダムの最強キャラクターランキングを発表!圧倒的な武力を持つ武将たちの強さを徹底検証します。今回はキングダムの作品中に登場したキャラクターの純粋な戦闘能力で最強を決定。武力が未知数で伝説となっているキャラクターも補足としてご紹介します!, 原泰久(はら やすひさ)先生作の漫画キングダムがとても面白い、と今巷で話題になっています。キングダムが面白いその理由は何なのでしょうか?この記事では、キングダムを読んだことがない人も、キングダムが支持されるその秘密と魅力、面白さを分かりやすく紹介します。, キングダムの趙の国には三大天と呼ばれる武将がいます。この三大天は趙国最強の将軍が選ばれます。しかし三大天に君臨している三人の武将とはいったい誰を指すのでしょうか。今回は趙の国の最強武将・三大天についてご紹介して行きます。, 既刊累計発行部数3300万部突破の大人気漫画・キングダム!今回はその中でも李牧に注目です。武人としても軍師としても一流の腕前をもつ李牧。その活躍から三大天の一人として名を連ねています。李牧のキングダムでの魅力は?史実の李牧はどうなるのか?徹底考察していきます!, キングダム主人公・信と並ぶ、もう一人の主人公・政について、史実を基にその素顔に迫ります!キングダムので描かれる政は史実ではどんな人物だったのでしょうか?また、政は今後どうやって天下統一を成し遂げるのか?歴史を紐解きつつ解説していきます。, アメトークで今話題の漫画【キングダム】が特集されました。実際の中国の歴史を題材としたこの作品の面白さ、魅力が存分に語られています。キングダムを知らない人もこの回のアメトークを見ればきっと読みたくなるはず。完成度の高い芸人さんのキングダムコスプレも見物です。. その功績とその後の著雍の防衛の功により、騰は蒙武につぐ秦の2人目の大将軍に、信と王ホンは5000人将へと昇格する。 合従軍の傷跡もあり、著雍の築城の費用の算出に文官達が頭を抱える中、王宮に太后(政の母)がやってくる。 1 【キングダム】呂不韋四柱・蔡沢(さいたく)の能力や人物像、その後について; 2 【キングダム】呂不韋四柱・蒙武(もうぶ)の能力や人物像ついて. tvアニメ「キングダム」が、2021年4月からnhk総合で放送再開することが決定。放送再開を告げる、“不屈の信”を描いた新たなビジュアルと特報pvが公開されました。さらに、原作者の原泰久さんや監督の今 … その後、秘かに築いていた山砦に籠城、虎視眈々と出撃の機会を狙っていたがそのまま終戦となる。合従軍編では、燕軍を担当。15日目には燕軍を終始翻弄しつつ、さらに函谷関の裏手に現れた楚軍を一掃して、函谷関陥落の危機を救った。 ④「諸侯患秦攻伐無已時,乃相與合從,西伐秦,而楚王為從長,春申君用事。   至函谷關,秦出兵攻,諸侯兵皆敗走。(春申君列伝)」, ①「韓・魏・趙・衛・楚が合同して秦を討ち、寿陵をとった。秦が出兵すると五国は兵を退いた。」, 「キングダム」との違いは、燕の代わりに衛という国が記されていますが、これは単なる誤字だったという見識があります。, この「衛」は長い歴史と由緒ある家柄だったこともあり、合従軍にとって逆賊「秦」を倒す大義名分となることから、形だけでも参加していたという見方もあるようです。, 恐らく、紀元前300年~250年ぐらいの間の地図と思われ、まだ戦国七雄以外の国も点在していたことがうかがえます。, ここでは燕とはっきり記されているので、やはり前述の「衛」は誤字の可能性もありまが、この龐煖が率いる部隊にのみ、燕が加わっていたかもしれません。, このとき主戦場・函谷関では巨大な城壁と2棟の楼閣を駆使し、迫り来る五カ国の大軍をなんとか退けようとする秦軍が、必死の防衛戦を繰り広げていたはずです。, どこを通ったのかは全く分かりませんが、函谷関の脇を抜けて蕞に龐煖率いる部隊がたどり着いたのです。, マンガ本編でも描かれていたように、南の武関を通ることなく山道を通ったのでしょうか?, 函谷関の脇を通り抜けれたなら、険しい山道ではない黄河沿いに進んだかもしれません。(どう考えても秦軍の追っ手がかかるでしょうが・・・), もちろん大軍が通れるような道はありませんし、兵站の確保など考えられないですから、少数精鋭での短期奇襲攻撃を仕掛けたのでしょうが、『不拔』とあるように、蕞は抜けませんでした。, 蕞は首都・咸陽の眼と鼻の先で、もし龐煖に抜かれていたら秦国のダメージは計り知れず、中華統一の歴史は違うモノになっていたのではないでしょうか。, とあることから、合従軍に不参加だった斉国に矛先を変え、饒安という地を占拠し合従軍を解散しました。, 「不利」について、いろいろな要因が挙げられると思いますが、一番の要因はやはり兵站だったのでしょう。, キングダムでは合従軍が長期戦に持ち込めない理由として、斉国に背後を取られているとしていましたが、現実的には兵站だったと思われます。, ・すでに強国となっていた秦を倒すためにはそれなりの兵力が必要で、各国10万の派兵だったとしても総勢50万の大軍に。, これは東京都の江東区民や兵庫県の西宮市民全員が移動しているようなもので、その食糧の確保と移動にはすさまじい労力が必要だったと思われます。, しかし下流域こそ流れは穏やかですが、山西省や河南省あたりは中流域で、流れの速い場所、川幅が狭い場所や両岸が険しい場所もあって、相当の人員と労力を必要としたでしょう。 ④紀元前242年、蒙驁が山陽・酸棗などを平定し、20城を陥落させる。この地に初めて東郡を設置し、中華統一の最前線基地となる。, この時の蒙驁は飛ぶ鳥を落とす勢いで、まさに「キングダム」の六大将軍級の活躍をしています。, かつてエースだった白起と、この後中華統一に向けて大活躍することとなる王翦の間にあって、秦国を支えたのは蒙驁でした。, ここまで史実に一切登場していない、王翦や桓騎は「キングダム」作中どおり、蒙驁の副官として一緒に戦っていた可能性も大いにあるのではないでしょうか。, 東郡の設置により、いよいよ中華統一を視界に捉えた秦国に、各国は本気で恐怖したに違いないでしょう。, この窮地を任せることができる人物は、広い中華の中でも「戦国四君」最後の一人・春申君しかいなかったのでしょう。, かつて信陵君・平原君と共に合従軍を率いた彼と、前年燕将・劇辛を討ち、その名を轟かせていた趙将・龐煖が組み、紀元前241年の合従軍が興されました。, 冒頭にも紹介しましたが、春申君率いる本軍が函谷関を攻めている隙に、龐煖の別働隊が咸陽を落とすために蕞を攻撃する。, 恐らく春申君と龐煖の二人は、本気で咸陽陥落を目指し、秦国を滅ぼしにかかったと思われますが、現実は函谷関も蕞も抜くことはできず、合従軍は失敗に終わりました。, この紀元前241年の合従軍以降、他の六国が手を組んで秦に戦いを挑んだことは一度もありませんでした。, 各国は自国を守ることでいっぱいとなってしまい、秦国に滅ぼされるのを待つだけとなってしまったのです。, 今回は現存している合従軍の記録から、どのような戦いだったかを想像すると共に、どうして他の列国は合従軍という手段を選ばなければならなかったかを考察してきました。, 「もともと、辺境の地の国だった秦国が、なぜこんなに強くなったのか?」「どうしてこれほどの差がついてしまったのか?」、については機会がございましたら考察していきたいと思います。, 参考: (https://sekainorekisi.com/world_history/%e7%a4%be%e4%bc%9a%e3%81%ae%e5%a4%89%e5%8b%95/ 世界の歴史まっぷ より), すでに強国となっていた秦を倒すためにはそれなりの兵力が必要で、各国10万の派兵だったとしても総勢50万の大軍に。, この合従軍に対して首都・咸陽から、実質的な指揮をとっていたのは呂不韋だったと思われます。, 最前線である函谷関では、白起亡き後、活躍が目覚ましかった蒙驁将軍が総大将として戦っていたと推測するのが一番自然だと思われます。, ・龐煖は蕞攻めをあきらめた後、斉国の饒安を奪っていることから、蕞攻めに加わらなかった兵力もかなりあったか、蕞にたどり着いてもあきらめて引き返した可能性もあるのでは。, 紀元前286年、斉が絶頂期だった頃の勢力図 (引用 :布哈林 https zhuanlan.zhihu.com lishijiuke), 燕・斉、南の遠方にある楚と友好関係を築き、間近にある魏・韓・趙をまず攻略するという戦略, 「戦国四君」自体が一強だった秦国に立ち向かい活躍した、英雄の総称だったからと思われます。, 、魏・信陵君、楚・春申君、趙・平原君が関したとされる合従軍は、秦将・王陵や将軍・王齕が率いた秦軍を撃破し、邯鄲の解放を成し遂げ趙国を救います。, 晋鄙将軍の下にいた食客たちを集め、「信陵君が王位を狙っている」との流言を広めました。, 信陵君は兄である安釐王から遠ざけられるようになり、酒びたりの末に紀元前244年、死んでしまいます。, キングダム合従軍編がおもしろい!見どころや函谷関の配置や裏切り者王翦・ひょうこう他, キングダム59巻のネタバレ:635話-643話が収録予定(2020/9/19発売予想). ・自国の政治や近隣諸国に対し強い影響力を持ち、時には王以上の存在となった しかし、その道中で見つけた軍の中に李牧がいたのです。 李朴は、春申君との密会で「合従軍」の結成を決めます。 その後、秦は5国に攻められるという状況に追い込まれます。 ・趙国の平原君 (~ 紀元前251年) さらにその後も白起の侵攻は止まらず、一連の戦いで魏・韓から67城を奪い広大な領土を割譲させます。, この「鄢・郢の戦い」で、楚は首都を郢から陳へと遷都を余儀なくさせられます。 3.1 李斯のその後を考察 2.1 蒙武のその後を考察; 3 【キングダム】呂不韋四柱・李斯(りし)の能力や人物像について. キングダムの合従軍編では五か国の将軍や武将などが一挙に登場します!これまでにほとんど登場のなかった大国の楚軍は特に注目ですよね。今回はキングダムで合従軍編に登場する将軍や武将を一覧でまとめてみました。 合従軍は実話。参加した武将や兵力を考察 合従軍に関する記録は5行のみ. 紀元前227年 嬴政暗殺未遂事件が発生 蕞の戦いの史実ですが、史記などの記録だと一言で終わってしまいます。 たったのこれだけです。 史実だと春申君の函谷関の戦いと連動しているなども記載がありません。 ただし、同年の出来事になっていますから、春申君と連動して秦を攻めた事は間違いないでしょう。 さらに、楚・趙・魏・韓・燕の合従軍はその後に、兵を返して斉を攻めた記述も史記に載っています。 史実に残っている蕞の戦いの資料はこれしかありません。 尚、合従軍は春申君が主導したが失敗した事で、楚の孝烈王の信任が薄らい … この策に従い隣国を集中的に攻めた昭襄王のおかげで、燕・斉両国は秦軍の脅威から逃れます。, 昭襄王の時代、紀元前294年に白起を将軍に登用したところから秦軍は無類の強さを発揮し始めます。, 連合軍は総大将の公孫喜を捕らえられ、24万人もの兵を奪われます。 嬴政の時から100年ほど前の時代、秦国では初めて“王”の称号を恵文王が唱えます。 それほどまでに強大となった秦国に対し紀元前318年、趙・楚・魏・燕・韓の5ヶ国が合従軍を興し函谷関に迫りますが、秦国はこれを破り8万2千の兵士の首を切ったとされています。 また嬴政の曽祖父・昭王の時代にも合 … 紀元前222年 燕 滅亡 その後、合従軍を離脱した裏切り者として斉(せい)に矛先を向けるも、蒙武軍の追撃によって、それも失敗に終わってしまいます。 結果として、合従軍の大将であった春申君は敗戦の責を負わされ楚の田舎都市である来虎(らいこ)に左遷されることになります。 楚の国力は大打撃をうけ、秦は大きな戦果をあげます。, 当初秦軍は、王齕を総大将として上党郡を占拠しますが、趙国もすぐさま大将軍・廉頗を差し向けます。, 数で劣る廉頗は徹底的に守りを堅め持久戦に持ち込み、秦軍が兵糧を尽かせ士気が低下することを待ちます。, 2年の時が過ぎ、廉頗の目論見どおり秦軍に長期戦による疲れと焦りが原因の、士気の低下が顕著に表れてきました。, この状況を見かねた秦宰相・范雎は、離間の計を趙国に仕掛け、総大将を廉頗から若手の趙括へと変えさせてしまいます。, このとき重病の床にあった藺相如も趙王に反対の意を伝えますが、その意見は聞き入れられませんでした。, この長平の戦いにより、趙国は単独で秦国に対抗することは絶望的となるほど深刻なダメージを負うこととなりました。, 秦軍、とくに白起に対する現地の恨みは強く、2000年以上たった今も当時長平だった地域である現・山西省高平市では、郷土料理に白起への恨みが表現されたモノが残っているほどです。(参考:TVドキュメンタリー番組 旅空中国「英雄たち8つの峠」 NHKより), キングダムに出てくる趙将軍・万極は、決して大げさな描写ではなかったということでしょう。, 信陵君を紹介する前に、彼もその一人とされていた「戦国四君」について触れておきます。, ・斉国の孟嘗君 (~ 紀元前279年) 紀元前221年 斉 滅亡   嬴政は始皇帝と名乗る, もはや正面から秦国へ立ち向かえる国はなく、抵抗は暗殺という手段しかありませんでした。, 実に500年以上続いた春秋戦国時代の乱世は、紀元前241年の合従軍からちょうど20年で終わりを迎えます。, たった20年で六国すべてが滅ぼされてしまうわけですが、実はその準備は随分前から始まっていました。, 例えば秦国とは国境を接していない斉国と燕国は、お互いが潰しあうことで自滅していった印象さえあります。, 「キングダム」でも描かれている紀元前284年の合従軍は、軍神・楽毅が率いることで、70余の城を落とし、斉国の領地は莒と即墨となり滅亡寸前まで追い込まれました。, このとき斉国を攻めた合従軍は燕・秦・韓・趙・魏の5ヶ国50万の軍勢で、斉軍20万を撃破したとされています。, つまりこの時点では、斉国の勢いは他国を圧倒していて、すでに強国となっていた秦国も含めて力を合わせないといけないほどの脅威だったのでしょう。, その後、斉将・田単のさまざまな策略により、楽毅を合従軍から罷免させ、趙国へ亡命させることに成功すると、奪われた70余の城すべてを奪い返します。, この戦い前までは、斉国は秦国と共に中華の勢力を二分するほどの国力でしたが、戦後は衰退し、秦国の一強時代を許すことになりました。, また燕国も合従軍で奪った領土を失っただけでなく、楽毅という天才を失い領土を拡大する術がなくなりました。, この策は「遠くの国と親しくし、近くの国を攻略せよ」という内容で、つまり国境を接していない燕・斉、南の遠方にある楚と友好関係を築き、間近にある魏・韓・趙をまず攻略するという戦略でした。 秦にとって、圧倒的に不利な状況で始まった合従軍戦。戦力で大きく劣る秦は、一体どのようにして勝利を収めたのでしょうか。戦力に劣る秦軍は、質より量の戦いをします。要所で勝利を積み重ね、合従軍の攻撃をことごとく跳ね返し、5国連合軍の合従軍相手に見事に勝利を収めるのです! 紀元前228年 趙 滅亡 紀元前225年 魏 滅亡 紀元前223年 楚 滅亡 キングダム合従軍編がおもしろい!見どころや函谷関の配置や裏切り者王翦・ひょうこう他, アニメでは国の存亡を賭けすべての武力を函谷関に結集し、合従軍から秦国を守ろうとしている真っ只中でございます!, 「キングダム」に大スケールで描かれている、この合従軍なるものは本当にあった話なのか気になりませんか?, ただちょっと問題がありまして、それは・・・現在見つかっている記録が少なすぎるのです。, 私が調べてみた限りでは、紀元前241年に合従軍と秦軍が戦った、「史記」に残されている記録は以下の通りです。, ①「韓、魏、趙、衛、楚共擊秦,取壽陵。秦出兵,五國兵罷。(秦始皇本紀)」 現在、コロナウィルスの影響でお休みちゅうですが、アニメ「キングダム3」は合従軍編に突入しています。(再開が待ち遠しすぎます・・・), よろしければご参考にどうぞ。 【キングダム】合従軍編に裏切り者が出る. ②紀元前244年、蒙驁が韓国に侵攻、12~13城を奪い取る。 ③紀元前243年、蒙驁が魏国の拠点・畼と有詭を攻撃、陥落させる。 キングダムの中でも特に人気の高い「合従軍襲来編」について、登場キャラクターや函谷関の戦いを合従軍発足からその終結まで、順を追ってまとめていきます。史実には残っていない、キングダムのオリジナルで面白いストーリーを振り返ってみましょう。 ・いずれも3,000人もの食客(特技や才能を持ち、主人を助ける者たち)を養っている 私が調べてみた限りでは、紀元前241年に合従軍と秦軍が戦った、「史記」に残されている記録は以下の通りです。 キングダムの物語の中でも盛り上がりが最高潮になったのが合従軍との戦いです。 合従軍との戦いは激アツなのでまだ見ていないという方はぜひご覧ください。 読み飛ばして、合従軍との戦いだけ見れればいいという方のために、漫画の何話 Contents. 合従軍の編成は、趙、楚、魏、燕、韓、斉の六国です。 ま、秦以外の国ということですね。 ちなみに発起人は趙ぼ李牧という超有名英傑。 秦国大ピンチです! 今回はアニメ「キングダム3期」の内容である 「合従軍編」 を 原作漫画からまとめてネタバレストーリー を紹介しようと思います! 何も考えずにとにかく今すぐ安心安全高画質で「とある科学の超電磁砲T」の動画を全話無料で見たい! しかし、その後、始皇帝(しこうてい)の天下統一の後、信はどうなるのでしょうか? そこには、逃れられない歴史の渦に巻き込まれた悲惨な最期が待っています。 キングダムファン向け:キングダムに関 … ※初登場人物太字! 「天下の大将軍」を目指して、修行に明け暮れる信(しん)と漂(ひょう)。 ところが漂は、昌文君(しょうぶんくん)の目に止まり、王の影武者として殺されてしまう。 漂の最後の頼みを叶えるため地図の場所に向かった信は、黒卑村(こくひむら)で河了貂(かりょう てん)と、王座を追われた若き秦国の王・嬴政(えい せい)と出会う。 その後王都奪還のため、山民族の王・楊端和(よう たんわ)と同盟を結び、咸陽に乗り込む。 反乱の首謀者である成蟜(せいきょう)を鎮圧し … キングダム合従軍は何巻の何話から?裏切り者は誰で最後はどうなる?のか紹介していきます。 キングダムの戦いの中でも、特に盛り上がった合従軍編ですがその最後を知らない方も多いですよね! また、アニメ化されたことで気になってる ③「與諸侯共伐秦,不利而去。(楚世家)」 1 映画キングダム成蟜(せいきょう)のその後(ネタバレ有) 1.1 合従軍により滅亡寸前の際に王都を任される; 1.2 第一夫人・瑠衣(るい)の存在; 1.3 瑠衣(るい)の故郷・屯留へ軍勢をあげる; 2 キングダム成蟜(せいきょう)について口コミ ・魏国の信陵君 (~ 紀元前244年) ②「龐煖將趙、楚、魏、燕之銳師,攻秦蕞,不拔。(趙世家)」・ ・勢力を急拡大しつつあった、秦国の侵略を幾度となく妨げた。 2020年4月から放送が開始された「キングダム」第3シーズン。第3シーズンでは、「キングダム」史上最大の戦いである合従軍編に突入します。合従軍編は原作の25巻から33巻に該当する部分で、様々な武将たちが活躍する見せ場!この記事では、合従軍編での注目キャラを10人選びました! 【キングダム】蒙武「この蒙武の倅だ!その程度では死にはせぬ!」 合従軍戦において、 王騎亡き後の秦国最大武力を誇る蒙武の役目は、合従軍の武の象徴である楚の汗明を討つ事 でした。 (参考:岡田英弘著 中国文明の歴史 2004), 函谷関近辺は比較的流れも穏やかで川幅も広いことから、水軍による輸送が可能でしょうが、両端が水路として不向きなことから使い勝手は悪かったでしょう。, 加えて、黄河沿岸の開けた地形は秦軍にとっては監視しやすいので、それなりの対策を施して輸送を阻止するはずです。, ・また陸路では牛車や馬車が主な輸送手段でしたが、秦軍の奇襲攻撃や敗戦兵のゲリラ攻撃に備えるため、輸送人員以外に警備兵が必要だったと思われ、前線の兵に加え必要人員の増大が予想されます。, ・さらに兵站が長ければ長いほど、牛馬の食糧も膨れ上がり、遠征自体がとんでもなく大変でコストが掛かったと容易に想像できます。, ・加えて戦いが長引けば、それらの食糧の保管場所が必要となります。保管場所が襲撃を受け食糧を失えば、その時点で戦が終わってしまうような大惨事となります。, ちょっと考えただけでも、大兵力での遠征は短期間で終わらせる必要がてんこ盛りだったのです。, ④「諸侯は秦攻めが難航しているのを問題視し、合従軍を興し西の秦を攻めた。楚王が合従軍の長となり、春申君が指揮をとった。函谷関まで至ったが、秦が出兵すると諸侯の軍は敗走した。」, ここで初めて考烈王が盟主であって、春申君が指揮をとっていたことが明らかになります。, そして趙軍の龐煖がその隙を狙って蕞を抜け、咸陽にたどり着く二段構えの策だった可能性が高いでしょう。, そしてこれらの策は当然事前に話し合われており、記録にはありませんがその場に趙将・李牧もいたのかもしれませんね。, 本来なら一人前として認められる17歳を超えていたので、対合従軍戦を嬴政が指揮を取ることも可能でした。, しかし国内外の状況を考慮してか紀元前238年、嬴政が22歳になるまで戴冠式(キングダムでは加冠の儀)は延期されていました。, それまで実権を握っていたのは、最高職・相国であり仲父(嬴政の父代わり)の称号を与えられていた呂不韋でした。, つまり記録はありませんが、この合従軍に対して首都・咸陽から、実質的な指揮をとっていたのは呂不韋だったと思われます。, また最前線である函谷関では、白起亡き後、活躍が目覚ましかった蒙驁将軍が総大将として戦っていたと推測するのが一番自然だと思われます。, もちろんその後の秦趙大戦で活躍する、王翦・桓騎・楊端和・羌瘣・李信・王賁・蒙恬なども参戦していた可能性が高いのではないでしょうか。, なのでこれも空想の域をこえませんが、合従軍戦の5年後、趙国・鄴攻略戦の総大将となったのが王翦でした。, 蕞陥落という秦国滅亡の危機から救った大手柄が、大出世である次の大戦の総大将に結びついたのなら、王翦の活躍があっても不思議ではないのでは・・・。, しかし蕞攻めが失敗したことには迎え撃った秦軍に関わらず、他の理由も大いに影響したと思われます。, ・元々かなり無理のあるルートを進軍したので、蕞につく頃には相当疲弊していた・精鋭部隊であっても、少数では蕞の守りは崩せなかった・龐煖は蕞攻めをあきらめた後、斉国の饒安を奪っていることから、蕞攻めに加わらなかった兵力もかなりあったか、蕞にたどり着いてもあきらめて引き返した可能性もあるのでは。, 他の六国は国力が落ち目立った動きがない中、翌年の紀元前240年に秦国は魏国へ侵攻しています。, 存亡の危機を脱した秦国が一番早く国力を回復させていることから、合従軍が函谷関へ攻め入った紀元前241年には、すでに戦国時代は秦国の一強状態に突入していて、他の六国は最後の望みとして合従軍を結成し望んだといえるようです。, 秦国はその後、国内で起こる内乱を制圧するために他国への侵略を一旦休止させますが、他の六国はその時であっても、秦国に攻め入ることができませんでした。, 紀元前230年 韓、滅亡 ・楚国の春申君 (~ 紀元前238年), ・春申君以外の3名は公子(その国の王の子供)で、春申君のみ政治家(宰相)だった

沖縄 民泊 一軒家, 同棲 食費 夜だけ, あつ森 ジュン 英語名, 旦那 飲み過ぎ 対処, Dji Pocket 2 Hdmi出力, Amazon リトルマーメイド Dvd, 黒執事 28巻 ネタバレ, うさぎ コスプレ 黒, 西畑大吾 ごちそうさん 戦死, 新宿ピカデリー スクリーン1 舞台挨拶, 天気の子 声優 神木隆之介,